オール・アバウト・テニス

主に海外(特にアメリカ)で取り上げられているテニスに関する興味深いニュースをピックアップしてお届けします。

全豪オープンを振り返る! 最も印象に残ったこと、第4位 ステファノス・チチパスの勝利と敗北

第4位は、

ステファノス・チチパスがロジャー・フェデラーを破る。

ステファノス・チチパスがラファエル・ナダルに完敗する。

要するにチチパスが気になった!

 

チチパス、フェデラーを破る!

 "全豪オープン、大会7日目の男子シングルス4回戦で第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)が、第14シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)と対戦。7-6(11)、6(3)-7、5-7、6(5)-7でチチパスがフェデラーを敗った。”

 

www.youtube.com

試合のハイライト

 

 

20歳のチチパスが37歳のフェデラーを破ったこの試合。いよいよ世代交代かとささやかれました。フェデラー戦後のチチパスのコメントです。

「今までに経験したことのないようなすごいことだよ。地球上で僕は今一番幸せな男だろう。言葉にできないよ。今日は自分が勝つと始めからずっと信じていたんだ。自分を信じるマインドセットで臨んだこと、それが勝利のカギだったんだと思う。」

フェデラーについては、「彼のことはすごく尊敬しているよ。こんなに長い間、素晴らしいプレーをしている。ロッド・レーバー アリーナで彼と戦えただけでも夢のようだよ。」

そして、この後、準々決勝で、ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)に7-5、4-6、6-4、7-6(2)に勝利し、 自身初のグランドスラムベスト4進出を決めました。

準決勝ではラファエル・ナダルと対戦。ナダルに2-6, 4-6, 0-6のストレートで完敗します。

 

www.youtube.com

 試合のハイライト

 

www.youtube.com

ナダルとの試合後に、チチパスは、次のように言っています。

「このトーナメントは、僕のテニスキャリアを変えたと思うよ。僕のテニスが新しい領域に入ってきたような気がする。先日、フェデラーに勝ったことは、すごく嬉しかった。でも、今日こんな風に負けたことはとても残念に思っている。もっとなにかできたんじゃないかって気がするからね。でも、なにもできなかったんだ。いやな気分だよ。」
ナダルは、全くリズムを与えてくれなかった。彼のプレースタイルは、他の選手とは全く違っていた。それに僕は今日、少し動きが鈍かった気がする。いつもよりちょっと集中力が欠けていたような。ちょっと元気がなかった。」
「このようなトップレベルのプレーヤーと戦って、勝てたことはともて嬉しい。でも、もっと上を目指すには、今よりももっと勝つことにどん欲にならないといけないのかなと思った。」


まだ、20歳のチチパス。去年ごろから、そろそろか来るか?と思っていましたが、やっぱり来ました。今後本当に楽しみな存在です。